小脳出血その8 目の焦点 | 小脳出血&ROLL

小脳出血その8 目の焦点

小脳出血

術後に意識が戻ってからすぐに目がおかしいことに気づいた。

何かを見ようとする時、片目で見てしまう。

あれっ俺は目の病気で入院したんだな〜?ってくらい目が見えない。

焦るんだけど、、、たまたまなのかこの病院には小脳出血で手術をした人がその時に、いらっしゃらないので目の事を気軽に聞けないんだよね〜

誰にでもわかりやすく砕いた表現で言うと、体を起こしているときはずっと目が回っている。

退院後この症状はだんだんと回復して行っているはずです。すごくゆっくりですが、、、

なんとなくしか覚えていませんが、恐らく毎日吐いていたんだろうな〜

私のめまい

なんかもうこの具合悪いのは何なんだろうとか、何で立ち上がっただけで吐き気があるんだろうとか誰に相談もできないので、リハビリを休んだり一人で泣いたりしていた訳ですが、本当に私の場合は自分しかわからないので知識としての調べ事もそうなのだと思いますし、こうしたらどうにか具合悪いの軽減できるとか病状が悪化しない限りは経験としてご自分で体験することも必要なのだと思います。

回転性めまい

一番顕著に現れるのは廊下などの角を曲がった時でしょうか?

回転にも数種類あるのでしょうが、この時は自分と平行に風景が回る。という症状なのです。

寝たら天井が回るとか目をつぶっても頭の中が回るというか、、、そういうのも経験しているのですが、ここでは天井ではなくて。

窓や壁やベンチが左側に流れていくというか。。。

曲がり角にいくのが怖くなるんだよね。でもその反面に今思うとそう言うのがわかるくらいまで回復してるということで、全く記憶の無い時はおそらく具合悪いも無い訳で、いや〜でも生きてる幸せを嚙みしめるにはちょっと具合悪すぎる。

眼振

退院してからスマホで自分の両目を撮影したことがあります。

その動画では私の目は小刻みに左右に動いていました、でもこれが直接何に影響しているのか、いまだにわかりません。

わからないなりに自分が杖なしでまっすぐ歩けない原因はここにあるんじゃないか?と推測しています。

複視

近くのものは比較的大丈夫なのですが遠くのものというかちょっと先にあるものを見定めることが出来なかったのです。

だからいつも片目になってしまう。

ものや風景をできるだけハッキリ見ようと【瞼を大きく開いて目に力を入れる】この癖は退院後、約1年経った今でもやってしまいます。

まとめ

退院したら病気は治っていって、車も運転できてごく一般的な生活を送れると思っていたのに、実際は退院してからの闘病生活の方が長いんです。

私の場合は病気になったのが自分の知識不足からくるものだと持っています。要するに自分のせいです。

健康に過ごす為のヒントは日常に溢れているはずなのにそれを選んで実践できなかったのです。非常に残念です。

にほんブログ村 脳卒中・脳梗塞 ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

続きを読みたい方は下記もどうぞ。

brainattack

小脳出血といまだに続く後遺症について書いています。それと日常。 2016年の5月に開頭手術を行ったおじさんのページです。 こんなことを言ったら不謹慎でしょう...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。