部屋から往復5000歩程のお店 | 小脳出血&ROLL

部屋から往復5000歩程のお店

雑記

執筆現在住んでいるところから、往復で5000歩程度のお店へ行ってきました。

小さな小売店

ここにケースの一段(すごく小さなスペース)を借りてるのでそこに飾っておく物(値段をつけておく)を入れ変える為に向かっているのです。

これは何と言っても純度の高いリハビリになります。

  • 1日に4000歩ほど歩けば良しと病院から書類を貰っていたのでそれよりはいいでしょ!
  • 持っていくものに傷がつかないように紙で包んで、トートバックに入れて持って行きます。
  • ついたらそこの店主さんと世間話をしながらケースを開けてもらって新たに持ってきたものを入れます。
  • 術前にちらっと挨拶したことがあるくらいのおじさんたちの愚痴を聞くことになります。とても困ることなんですが、人と交わした歴史が全く思い出せない。優しく教えて欲しいです。
  • 帰りはドラッグストアによって食材を買う。

なんでそんな事をしてるかというと、もちろん一番はリハビリなんだけど。

今月引っ越すからものを減らそうとしているんだね〜

手っ取り早いのは捨てることなんだけど、上記のような味わいたくもない困難は無くなってしまうのです。

私はリハビリって背伸びをすると思っているし、社会に出れば無菌室とは真逆で悪意に満ち溢れていると思う。

まだ出会っていないだけで、あったかい場所や人だってこの世の中にはあるよ!(と思っています。)

まとまるくん

術前の仕事は自営業で、これから勤める訳にもいか不、後遺症を極力小さくしてすごくちっちゃくていいから自分の仕事と居場所を作りたいです。

体と後遺症以外は綺麗に何もないと思ってたら、、、何かのきっかけで思い出せる知識だけ残ってたの。

だからやっぱり記憶を呼び戻すには引き篭もってばかりいないで人とのコミュニケーションって大切なんだなぁ

にほんブログ村 脳卒中・脳梗塞 ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

brainattack

小脳出血といまだに続く後遺症について書いています。それと日常。 2016年の5月に開頭手術を行ったおじさんのページです。 こんなことを言ったら不謹慎でしょう...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。