小脳出血その3 水→酔っ払う | 小脳出血&ROLL

小脳出血その3 水→酔っ払う

小脳出血

ある高次脳機能障害の方が『離れて行ったし、離れた。』とおっしゃったと何かで読んだことがあります。何となくこの言葉はそう言う事かと思いました。上手い事言ったな〜

少しだけ良くなって思うことは術前嫌われていたんだな、嫌がることをしていたんだなと自分を責めます。
今後は生き方を変えて生活するのでしょうが、離れていくものを引き止めるだけの言葉も行いもありません。

水、お茶で酔う

ご飯の時や部屋にいる時などに病院の水かその水で作ったお茶を飲む機会が有るのですが、どう言うわけか私は酔っ払うのでした。

本当に困ったのですが、親族も病院の方も誰も信じてくれないのです。

ある看護師さんは水で酔っ払えるなんて安上がりで良いね〜って笑顔で言うし、もう一方では本格的に怒られるし。

もう泣きたいのを通り越して、コミュニケーションの大切さを感じました。

『嘘じゃないんだって、誰か信じてよ!』

今もそうなんですが、入院中は特に信じてもらう為の言葉が出てこなかったし、怒られても反論出来なかったです。それも辛い。。。

酔っ払うきっかけ

何でそうなったかと言うと、ナースの詰所で担当の看護師さんにトロミのあるお茶を飲んでみなぁと言われてそれを飲んでからでした。

すぐに寝込みました。次の日の朝になったらそれは治ると思って、いや治りませんでしたけどね。

で、試しましたよ色んな飲み物!

何飲んでも、ペットボトルのお茶を飲んでも酔っ払う。誰も信じてくれない中、トマトジュースだけ少ししか酔っ払わない事がわかりました。

退院する頃には大分何を飲んでも酔っ払わなくなりましたが、何だったのでしょうか?病気は関係あるの?

酔っ払いのまとめ

自分で読んでも表面上は楽しい入院生活なのかもしれませんが、近しい人程辛いんだと言うことをわかってあげて欲しいです。

じゃないと本当に救われない。

自分がそう思うだけかもしれませんが家族にさえ『嘘ついてるんでしょ?』『本当はなんともないんでしょ〜?』って言われるんだから孤独になるしか道はないですよね。暗いけど。

にほんブログ村 脳卒中・脳梗塞 ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

続きを読みたい方は下記もどうぞ。

brainattack

小脳出血といまだに続く後遺症について書いています。それと日常。 2016年の5月に開頭手術を行ったおじさんのページです。 こんなことを言ったら不謹慎でしょう...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。